ハイドロキノンクリームで目の下のクマを美白ケア

老けて見られる要素の中に「目の下のクマ」があります。クマには3種あり、血行不良による「青グマ」、メラニン色素沈着による「茶グマ」、シワやたるみによって黒く見える「黒グマ」です。
40代のための、シミ化粧品ランキング

青グマの場合には血行を促進させてあげることで幾分か、薄くすることは可能です。皮膚が薄かったり睡眠不足、疲れなどの原因なども青グマの中に含まれます。貧血ならば医師に相談してみましょう。

黒グマの場合、肌の老化によってシワやたるみができ、その影が黒くなって見えますので、保湿ケアとコラーゲンの補給をするようにします。つまり、シワ対策をするということになりますね。

さて、美白が最適と言われるのはメラニン色素沈着による「茶グマ」です。長年浴びてしまった紫外線や皮膚摩擦が原因なら、美白成分も有効だということになります。目の下の色に違和感があると、生活につかれているようにも見えますから、できるだけ解消してみたいものです。

メイクの場合、コンシーラーやハイライトでごまかすことができます。しかし、メイクでごまかしてばかりいても茶グマは薄くなることはありません。目の周辺の皮膚は薄いため、丁寧なクレンジングやツボ押しも有効だと言われています。ツボ押しによって代謝を促進させるのです。

茶グマにはビタミンCが入った美容液を使用し、内側からのケアとしてビタミンCをたっぷり取りましょう。美容液では美白成分が入ったものも有効です。目の周辺は皮膚が薄いと言いましたが、アイメイクを落とす際、ついついこすってしまうことがあります。これがメラニン色素沈着を作っている可能性があります。

皮膚への摩擦が多いほど接触性色素沈着を起こしやすくなるのです。アイメイクを落とす場合オリーブオイルを塗ってラップをし、シップしたあとに洗顔をするのも良いことです。美白化粧品を使いながら刺激の少ないクレンジング方法で、目元の若返りに努めてみましょう。ツボ押しもプラスすれば徐々に薄くなっていくはずです。

メラニンによるクスミはどうケアする?

クスミは、血行不良や肌の乾燥で皮膚が分厚くなっていることが原因のものが多いですが、それ以外に「メラニン色素によるクスミ」もあります。その原因は紫外線だけでもなさそうです。色素沈着には、皮膚炎証を起こした後の「炎症後色素沈着」などがあります。皮膚を掻き壊したり、怪我の痕、火傷の痕、擦り傷の痕といったものです。

メラニンぐすみがある方の場合、皮膚に刺激のあるスキンケアを行っているケースも多く、またはメイクをずっとしたままという方もいるかと思います。メイクを繰り返すことによってクレンジングや洗顔などでも肌が傷つくのです。

肌が傷つく原因には、刺激の強いスキンケアやコスメ、それを使うパフやブラシ、強くこすってしまうクレンジングやピーリング、回数の多い洗顔などがあります。過剰に触ってしまうことが原因に繋がるのです。

洗顔は多くて1日2回程度が良いとされており、ピーリングは肌状態によって週に1回から2回となりそれよりも多い場合、肌再生が追いつかなくなり軟弱な皮膚をつくりだしてしまいます。しかし、メラニンによるクスミをケアする方法ではピーリングも有効だとされています。肌再生を促すということですが、回数は抑えて行うようにしてください。

古い角質を落としてくれるピーリングで大切なのは、こするタイプのものを選ばない、肌への刺激が穏やかなものを選ぶ、使ったあとは洗顔をし、セラミドやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体などが入った美容液などでしっかりと保湿をしてあげることです。

クスミを取るとし、毛穴対策までしようと、ゴシゴシ擦るタイプを選んではなりません。また、粒の入ったタイプも使わないようにしてください。メラニンによるクスミの原因は皮膚への過剰刺激となっているのですから。

これまでのスキンケア、コスメを変えることになるかもしれません。また、すっきり感は得られないかもしれませんが、クスミを解消するためには慣れていくしかありません。

ページの先頭へ