ニキビ跡がシミになるのを防ぐには

ニキビができやすい体質であるという人は、ニキビ跡がシミになってしまうことがあるという可能性について知っておきましょう。 ニキビ跡とは、ニキビを初期段階で治すことができず、状態が悪化してしまった場合に起こる肌トラブルのことです。

初期段階でニキビを治すことができればニキビができる前と同じ状態に戻りますが、炎症が酷くなってしまうと、ニキビ自体が完治したとしても跡となって長く残ってしまうことがあるんです。

肌にはターンオーバーという新陳代謝機能がありますが、ストレスや生活習慣の乱れ、加齢などが原因でターンオーバー機能が弱まってしまったりすると、ニキビ跡が治るまでに数年かかってしまうこともあります。

ニキビ跡が治る前に新たなニキビができてしまい、それも炎症が酷くなってしまったということになると、ニキビ跡がどんどん増えていくことになりますよね。

そこで、ハイドロキノンを取り入れてみてはどうでしょうか。 ハイドロキノンとは美白成分なのですが、ニキビ跡が原因のシミにも効果があります。

ただ、ハイドロキノンを使ってニキビ跡のシミ対策をする際には、注意点があるんです。 それは、ハイドロキノンを使い始める時期に関することです。

ニキビができてしまったからといって、すぐにハイドロキノンを塗るのはおすすめできません。 ハイドロキノンを使い始めるのに向いているのは、メラニンが作られてしまってからです。

一般的に、炎症が起きてニキビが悪化してしまった場合、赤くなりますよね。 そして、少し状態が落ち着くと紫色の状態になります。

この状態から更に時間が経過すると茶色い状態になるのですが、この時にハイドロキノンを活用するようにしましょう。 ハイドロキノンを塗ったからといってすぐにニキビ跡が目立たない状態になるわけではありませんが、数週間ほど塗り続けることが大切です。 これによりニキビによる色素沈着を抑える効果が期待できるので、シミを作らずに済む可能性が高くなります。

ページの先頭へ